« 国学院久我山で女子の生徒が取り組む創作ダンスを体験! | トップページ

2010年11月18日 (木)

中村中高のユニークな授業「フライングディスク」に触れてみよう!

いま、人気も実績も成長著しい“伸び盛りの”女子進学校として注目されているのが、江東区の中村中学・高等学校。その中村が、今回の「私学体験フォーラム」で体験させてくれるのは、1時限目と3時限目の「フライングディスク」(体育)の講座です。
Nakamura03

この「フライングディスク」は実際に中村中高で、体育の授業に取り入れられている種目。この11月21日(日)の「私学体験フォーラム」では、まず体育館で、投げる、キャッチする練習を兼ねて、フライングディスクに触れてみます。Nakamura04
続いてお天気がよければ、中庭に出て、ゲーム的なことにも挑戦! 身軽に動ける服装であれば、特別な準備は必要ありません。

昨年はかなり人気だったこの講座。もちろん子どもたちだけでも体験できますが、希望すれば親子で一緒に参加していただくことも可能です。

この種目がどういうものか、中村中高のホームページには、下記のように紹介されています。

ちょっと興味が沸いたあなた、まずは気軽に体験してみませんか?

●フライングディスクスイスイ飛び交うディスクをキャッチ! 
   気分がスッとします。

Nakamura01 中村では、2002年より体育の授業でフライングディスクを取り入れています。フライングディスクとは、いわゆる”フリスビー”ですが、「アルティメット」という競技があります。本校ではバスケットコートをそのまま利用し、4対4(または5対5)で対戦します。

フリースローエリアがゴールエリアとなっており、エリア内で味方からのパスをノーバウンドでキャッチすると得点が入るという仕組みになっています。アメフトのタッチダウンとちょっと似てます。

また、ドッチボールをフライングディスク(柔らかいもの)で行う、ドッチビーという競技もあります。中学の球技大会はドッチビー大会です。

実は、本校の卒業生(1997年3月卒・バレーボール部)が日本体育大学に進学し、アルティメット競技を始め、2001年の世界大会で日本代表として出場し、銅メダルを獲得しました。さらに国内大会ではMVPに輝くなど、目覚ましい活躍をしました。彼女の活躍が一つのきっかけとなって、中村にフライングディスクが導入されています。

Nakamura02
「全国私立中学高等学校・学校体育とスポーツ(保健体育)研修会」でフライングディスクが取り上げられ、本校を会場として開催したり、協会から出版された「フライングディスクをやってみよう著Jamues Studarus」に実践例として掲載もされています。
  .

« 国学院久我山で女子の生徒が取り組む創作ダンスを体験! | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283939/37713205

この記事へのトラックバック一覧です: 中村中高のユニークな授業「フライングディスク」に触れてみよう!:

« 国学院久我山で女子の生徒が取り組む創作ダンスを体験! | トップページ