« 今年の「私学体験フォーラムin TOKYO 2010」は11月21日(日)に開催 | トップページ | 小学生が誰でもチャレンジできるスポーツの講座 »

2010年11月17日 (水)

新世代・名門校の条件。ユニークな「私学を知る」機会

「Nttey Landかわら版」11月号の「HOT NEWS」のコーナーに、この「私学体験フォーラムin TOKYO 2010」が紹介されています。Kojimachi01_2

「新世代・名門校の条件。二つのユニークな『私学を知る機会』と題して紹介されているのは、先の2010年11月13日(土)に中村中高を会場に行われた「公私協力プロジェクト/P&P 4校合同説明会」と、11月21日(日)に麹町学園女子中高で開催される、この「私学体験フォーラムin TOKYO 2010」の二つのイベント。

その記事の後半にはこう紹介されています。

■私学体験フォーラムin TOKYO 2010

もうひとつの、「私学を知る」ユニークな機会が、小学生と私学の先生との“出会いの場”として、「学びの楽しさを満喫できる、私学教育の“体験&体感”広場」というコンセプトで、今年も11月21日(日)に.町学園女子中・高で開催される、「私学体験フォーラムin TOKYO 2010」だ。

“出会い”は、中学受験における学校選びに際しても大きな意味を持つ。「“こういう先生のもとで学びたい”という生徒の思いと、“こういう生徒を教えてみたい”という教師の思いが重なることで、初めてそこに濃密な『学びの関係』が生まれる」という。

●私立中高一貫校15校が参集し、 計44講座の体験授業を開催!

この「私学体験フォーラム」の、従来行われてきた「体験授業イベント」との大きな違いは、会場である.町学園女子中・高の校内すべての施設やスペースを“学びのフィールド”とした“知的体験の場”というスタイルだ。

今年は15校(男子校5校・共学校5校・女子校5校)が参加することになった開講講座は、下の表(時間割)にある計44講座。なかには来場者の便宜を図って、同じ講座を午前と午後に各1回ずつ実施する学校もあるが、相当なバリエーションの多さとなっている。

参加希望者は、下の時間割のなかから、関心のある講座を選んで参加できる。各講座(とくに薬品や道具を使う実験など)には定員があり、講座ごとにWebフォームから参加の申し込みができる形で、ひとつの講座に定員を上回る希望者があった場合には、事前の申し込みがあった方が優先される。

ただし、当日の様子を見て、関心を持った講座に参加することも、定員に余裕がある場合には可能だ。だからこそ、気軽に会場に足を運んでいただきたい。とくに、こうした体験授業などを通じての各校の先生方との触れ合いは、小学生にとって、この先の中高生活の楽しさや学習の面白さを、肌で感じられる機会となる。

すべての講座とも、小学生のお子さんが参加する際に、保護者の付き添い、見学が可能で、なかには親子で一緒に体験できる講座もある。できれば1日、親子で各校の「体験授業」を満喫してほしいが、都合によっては、午前だけ、午後だけ、あるいは希望講座の時間帯だけ参加することも可能だ。6年生はもちろん、5年生、4年生など、低学年のお子さんの参加も大歓迎だという。

こうした機会に「私学を知る」ためのアクションを起こしていただくことで、親子で楽しく「私学を感じる」ことができれば、それは来年以降のお子さんの中学受験に向けても確実にプラスになる。

ここでの体験が、小学生が受験と向き合ううえでの大きなエネルギー源となり、モチベーションアップにもつながるに違いない。

今年もこのフォーラムに集う私立中高一貫校が、“新世代の名門校”として期待される学校であることはいうまでもない。ぜひ、こうした「私学を知る」ためのユニークで新たな機会に注目してほしい。

« 今年の「私学体験フォーラムin TOKYO 2010」は11月21日(日)に開催 | トップページ | 小学生が誰でもチャレンジできるスポーツの講座 »

中学受験」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283939/37706378

この記事へのトラックバック一覧です: 新世代・名門校の条件。ユニークな「私学を知る」機会:

« 今年の「私学体験フォーラムin TOKYO 2010」は11月21日(日)に開催 | トップページ | 小学生が誰でもチャレンジできるスポーツの講座 »